学習指導の進め方

このページは再編中です。

学習サイクルの最適化で学力を伸ばす勉強の本質を忠実に実行するPDCA

学習サイクルとは「知識を入れて、練習をし、テストで試し、修正する」という流れのことです。勉強に限らずスポーツや仕事にも同様の考え方があります。

学習サイクル

予習型個別指導

自学自習型のテキストを自宅学習課題(宿題=予習)とした上で、自己解決できないことを塾の時間で解決するスタイルです。

「一人でもできること」はなるべく塾の時間では行わず、自己解決できないことに時間を使います。

自立学習型の個別指導塾との違い

自立学習型とは、個別指導塾で多数を占めるFC(フランチャイズ)の学習塾で採用されている指導方法です。

当塾は「受験系の予習型の個別指導塾」であり、自立学習型の学習塾とは別種です。

  一般の自立学習塾 当塾や受験系家庭教師
提供される学習教材 解説は簡素 授業の代替となる丁寧な解説付き
問題集の試行方法
映像授業型も含む
主に塾の時間中に実施(一部宿題) 自宅や自習室で指導時間外に実施(全て宿題)
解説と質疑応答 塾の時間中で実施(時間小) 塾の時間で実施(時間大)
カリキュラム 難度で選択したテキストを元に機械判定、もしくは生徒主導 志望校の出題傾向や志願倍率と現在の学力をもとに、入試日から現在学力を逆算して手作業で組立
過去問解説 塾による(少ない) 必ず対応

特徴

インプットは自学自習

インプットのメイン教材は、予備校授業形式の動画を提供するスタディサプリを使用しています。

質疑応答は対面

映像教材による予習で「わかること」と「わからないこと」を分別してからの質疑応答で、無駄のない効率的な解説ができます。

個人専用の受験計画

志望校やスタート時期に合わせた完全オーダーメイドの学習計画です。

過去問解説

志望校の過去問解説は10月頃から実施します。

直近5年を受験日まで2回以上周回できるスケジューリングで、「通しの解説」と「答案作成練習」を行います。

ホワイトボードを活用

即席授業だけでなく、(生徒さんに)「解き方を説明してもらう」という手法で理解状況を確認するために使用します。

公式知識に傾倒した学習で「説明」はできませんので、テストのスコアでは見えない理解漏れを発見することができます。

自習室

【焼津教室のみ】

塾に通っても学力が伸びない最大の理由である「練習量不足」を直接的に対処するため、「反復練習をするための時間」を設けています。(1回の拘束時間が一般的な学習塾の2コマ分です)

取り入れていること

コストをかけない情報共有

当塾・保護者様・生徒の三者の情報共有の多くはグーグルの各種サービスを使用します。

いわゆる「塾用システム」に原価をかけないことで少しでも料金を抑える方針です。

保護者面談

「区切り」となる時期は大手進学塾と同様に保護者会を実施します。

気になることがあれば随時ご相談を承ります。