将来のこと 進学塾や予備校や個別指導塾や家庭教師の違い 多角形の内角公式

品質管理(PDCA)のマネジメントで勉強を改善する家庭教師型学習支援サービス

現在のお引き受け可能人数

2名

フリーランス(個人契約)の家庭教師にて、同時にお引き受けできる人数には限りがあります。

コース別メニューへスキップ

ヤル気って、何ですかその勉強に合理と科学はあるか?

確かに勉強にヤル気は大事ですが、それを勉強する理由にしてはいけません。

だってですよ? ヤル気がないから今日は仕事はしない?

ありえないですよね。

人間である以上、気分の浮き沈みは誰にでもありますが、「ヤル気がなくてもやる人」と「ヤル気がないからやらない人」がデキる人とそうでない人の違いです。

仕事も勉強も「デキる人」に共通することは、明確な目標や目的があり、物事を合理と科学で考え、未知の物事に対処する問題解決力が備わっています。

プリマステラはPDCAサイクルによるマネジメントで問題解決力を伸ばします。

なぜ、学習マネジメントなのか?AI時代に求められる学習支援

「勉強は先生に教わるもの」は過去の話

今般はスタディサプリに代表される映像教材や動画サイトの「教育系YouTuber」によって、学校に行かなくても高品質な「授業」が受けられる時代です。

勉強を教え合うSNSコミュニティや映像通話で疑似対面の質疑応答に応じる「インターネット家庭教師」、さらにはオークション形式で「質問を出品して回答者を選んで買う」というサービスまで出現しています。

「教室」という場所に足を運ばなくても優れた授業や解説が得られる時代になっているのです。

勉強のネット活用

大人の役目はどこにある?

解法を教えてくれる先生が身近にいれば勉強がはかどりますが、「すぐ聞く」という発想で問題解決力は伸びません。

集めた情報を組み合わせて解決すること、即ち「自分で調べて自分で解く」のが本当の勉強なのです。

子供の経験では難しいことがある

情報の集め方や組み合わせ方を知るには経験が必要です。また、勉強の進み具合を数字で管理することも同様に小中学生には難しいです。

「授業をする先生」は必要なくても「サポートする大人」は必要であり、勉強のネット化が進むにつれてその重要性が見直されるようになっています。

主体的学習

お引き受けできること対応可能人数に限りがあります

専科短期の特定科目強化

一般的な家庭教師と似た指導スタイルです

算数のニガテを3ヶ月で克服

数学の取り戻し学習

算数や数学の苦手克服を目的にした「基礎定着と取り戻し講座」です。四則演算から始めて中学受験レベルまで扱います。

小学校範囲ですが中学生の基礎取り戻しにも効果的です。

対象 小学5年生から中学2年生
期間 3ヶ月 (12回 / 24回 / 36回)

2ヶ月で社会科を得意科目に

社会科の勉強方法

定期テスト1回分の期間で社会科の学習方法を習得しつつテスト点を急上昇させるコースです。

短期間で成果が出ますので、勉強の自信をなくしている場合にもおススメです。

対象 中学1年生から中学3年生(前期まで)
期間 約1.5ヶ月(計10回)

マネジメントPDCAに基づく学習管理と改善指導

一般的な家庭教師とは指導スタイルが大きく異なります

小学生・中学生

小学生の家庭教師

「正しい勉強」と「学習習慣」を定着させて、小学生は学習量が激増する中学進学後に、中学生は大学受験に適応できる学習能力の基盤をつくります。

小学5年生:中学受験

中学受験の家庭教師

静岡県中部の私立中高一貫校を目指すための算数と国語を重視した中学受験コースです。

中学3年生:高校入試

中学生の家庭教師

内申点を必要以上に追いかけず、高校進学後の大学受験勉強に適応できる学習能力の習得を重視する「大学進学準備」です。高校を大学への通過点と捉えて適切な志望校選択のサポートもします。

不登校学習支援

不登校の家庭教師

あくまで進学による復学を前提とした学習支援です。不安定なメンタルに配慮しつつもキレイ事のない学習指導をします。

公開セミナー不定期土曜日に開催しています

自由参加型の講習会です。

受験や就職、学校の勉強が何の役に立つのかなど、誰にも等しく訪れる数年後を座談会式で学ぶミニセミナーを開催しています。

学校では触れない進路の現実
ページの先頭へ移動