小学4年生学校補習と受験準備

満点のとり方を教える塾

4年生に必要なのは「満点」を取り続けること

満点が重要な理由1ケアレスミスは危険信号

誤答失点の理由は様々ですが、記憶や理解に起因することは仕方ありません。それはこれから知識なりを補完すればよいです。

しかし計算ミスや解答方法の間違いは、そういうやり方では改善しません。

なぜならケアレスミスの原因は、「勉強を軽く考えている」「読み書き計算の能力が不十分」「知能特性の問題で集中できない(ADHD)」のいずれかに行きつくからです。

満点が重要な理由2満点狙いは学習能力を飛躍的に高める

満点を狙う学習では、知識の正確さはもちろん見直しの手順まで掘り下げた学習が必要になります。

その過程で身についた執着心や粘り強さが高難度な学習をするときの受け皿になります。

満点が重要な理由3満点は様々な欲求欲望を刺激する

達成感や征服感、負けたくない気持ち、勝ち続けたい気持ち、追われる立場の気持ち、さらに上を目指したい気持ち。それらは成功体験によって芽生えます。

そして「学校」で得られる成功体験の中で、最もわかりやすく誰もが納得するものが「満点」と「1位」です。

中学以降や学校外のテストは学力序列を測る目的があるので満点が取りにくくなります。だからこそ少しの努力で満点がとれる時期に成功体験を積んでおくことはとても重要です。

小学4年生のお引き受け方針

「受験指導」は行いません

思考に想像力が伴っていない小学校低学年にとっては、ピアノや水泳、書道や算盤、勉強系でも読み書き計算やパズル的な塾のほうが有意義と考えています。

もちろんそれは個人の考えですが、当塾はそういう考えを持つ人間が直接指導にあたりますので、受験指導を望む保護者さまとは見解が一致しないことになります。

トップページへ移動